「不適切な会計処理が発覚した場合の監査人の留意事項について」

平成24年3月22日付で、監査・保証実務委員会研究報告第25号「不適切な会計処理が発覚した場合の監査人の留意事項について」を公表している。これは近年の上場会社において不適切な会計処理が発覚した場合の事例を基に、その多くの場合に共通する事項を整理し、監査人として適切な対応を行うための留意事項を取りまとめたものです。不適切な会計処理発覚後の時系列的な状況の整理と監査人側の留意事項等及び対応を要する事項をまとめており、企業の実務担当者を含めて理解が必要です。また、ポイントごとに簡単にして情報を発信していきたいと思っております。